Honeywell

世界最高レベルのOCR読み取り技術

文字を読み取る ソロモンOCR

通常のスキャナーで読み取ることができなかった日本市場特有のフォント(明朝・ゴシック等)の認識が可能になります。
貸し出しデモ機を潤沢にご用意しております。イメージャーを長年支えてきたOCR技術を是非お試しください。

  • ソロモンOCR
  • ユーザーズガイド

  • クイックスタートガイド

  • 保証期間:

多種多様なフォントを高精度で高速読み取り

独自開発の文字検出と文字判定アルゴリズムで、高速・高精度にバーコードスキャナ単体でのOCR読み取りが可能です。

日付の読み取りに特化した賞味期限モードと任意の書式を設定できる汎用モードから設定をお選びいただけます。
賞味期限モードでは、ダンボールに印字された品質が低い印字条件でも粘り強く読み取ることができます。
汎用モードでは、複数段設定により、最大5段までの文字列を一括で読み取ることが可能です。

物流業界や倉庫内でのご使用例

商品を梱包するダンボールに印字されたロット番号や製造年月日など、目視で確認していた情報をソロモンOCRで読み取り、商品出荷時の誤出荷を防止します。目視では困難であったオペレーションに対し、文字読み取り技術を用いることで業務改善に繋げます。

製造現場でのご使用例

現品票やカンバンに印字された帳票番号をシリアルNo.やロットNo.がバーコード化されていなくても、ソロモンOCRで文字を読み取ることが可能です。目視チェックの確認ミスを防ぎ、作業効率も改善できます。

オフィス業務でのご使用例

バーコード化されてない受付番号や管理番号などを文字認識で読み取ることができます。手入力での作業が多いオフィス業務の負荷を軽減すると同時にヒューマンエラーを防止することで業務の効率化を図れます。

医療業界でのご使用例

医薬品の使用期限を読み取ることで、従来の目視チェックの確認ミスを防ぎ、期限を過ぎて販売・出荷されないように管理することが可能です。
また、医療業界では必須となったGS1-128コードの読み取りとも併用でき、バーコードデータの出力をリーダー側で編集することで、必要なデータのみを出力することが可能です。

かんたんデータ編集

読み取ったバーコードデータをお客様がご利用されているアプリケーションに合わせ、編集して出力することが可能です。従来システム側での対応が必要であったバーコードデータの抜き取りや置き換えなど、複雑な処理もかんたんに設定できます。

特殊フォントに対応 さらに進化したSolomonOCR USER FONT TEACHING

一歩先の文字読取り技術。高度な形状認識が必要となるOCR読取りを可能にした「SolomonOCR USER FONT TEACHING」をリリースしました。今まで読取りができなかった特殊フォントやロゴなどをあらかじめ形状登録することで読取りが可能となりました。

 

*「SolomonOCR USER FONT TEACHING」はカスタマイズ対応となります。詳しくはお問い合わせください。

ソロモンOCR対応機種は10種類以上

Honeywell製品をはじめとした様々なバーコードスキャナ、ハンディーターミナルに搭載可能です。
製品導入後のライセンス追加購入にも対応しております。そのため低コストでの導入が可能となります。
バーコードスキャナ単体での特殊OCR読み取りが可能なため、接続先環境(PC、シーケンサー等)に依存しません。