SoM(System on Mojure)とは?

SoM|システム・オン・モジュールとは?

バーコードリーダーの選び方_読み取り距離_DOF

​OSイメージからCPUやMemory、USBなどのインターフェースが一体となったボード=【小型​​の​組​込​コンピュータ】を指し、工業用機械などの組込システムの開発や実装を高速化するために用いられています。
LinuxベースのSoMが一般的で、各メーカー毎に​開発/​実装​ソフトウェア​が用意されており、開発​時間​と個別カスタマイズなどの​労力​の​削減を目的として使用されております。

System-on Moduleの読み方・なんの略?

SoMは【System on Module】の略で、日本でも【システム・オン・モジュール】とそのままの読み方で使われています。

SoMとSoCの違いは?

【SoM】に似たワードとして【SoC】があります。【SoC】は【System on Chip:システム・オン・チップ 】の略で、文字通りの単一のチップの集合体であり、マイクロコントローラーなどのボードにはんだ付けして使用されるのが一般的です。

それに対し【SoM】は、【SoC】に加えて、メモリ、クロッククリスタル、パワーレギュレータなどのサポートコンポーネントを備えたボードです。SoMはあくまでも小型の組込コンピュータですので、単体で使用するわけではなく、最終製品の一部品として組み込まれて動作します。

SoMを用いたHoneywell製ハンディーターミナル・PDA

HoneywellMobilityEdge

Honeywell・Google・Qualcommの3社間の強力なパートナーシップ提携により、SoMを用いたHoneywell製ハンディーターミナル・PDA(Mobility Edge™)は業界最長の製品ライフサイクルを実現いたしました。昨今、CPU・OS・のアップデートが短縮化される中、3社のパートナーシップ提携により、Andoroid OreoからAndroid 11までのOSサポートが可能となり、業務端末を長期間安定してご採用いただけます。

Mobility Edge詳細記事はこちら

タグ:
  • Tweet
  • Share
  • LINE

この記事を書いた人

【じ】編集部

【じ】編集部

自動認識の【じ】編集部が執筆しております。「自動認識(じどうにんしき)業界をみじかに」をコンセプトに、ニッチな業界の旬な情報をなるべく分かりやすくお届けすることを心掛けている編集部です。