RFIDとは?|基本の【き】

RFIDとは?

RFIDをわかりやすく

RFIDとは電波を用いて非接触でデータ読み書きするテクノロジーです。わたしたちの身近なところではSuicaやICOCAなどの交通系ICカード、車のスマートキーなどで使用されている技術です。

RFIDの読み方・なんの略?

RFIDは【あーるえふあいでぃー】と読みます。【Radio Frequency Identification】の略です。
 

RFIDの特徴は?

読み取り距離

RFIDリーダーから電波を発し、RFタグ・RFラベルの中に書き込まれているデータの読み取りを行います。電波が届く範囲であれば、タグやラベルが遠くにあっても読み取りが可能です。交通系ICカードに用いられるHF帯は0.5cmから30cm、業務用タグに用いられるUHF帯は周囲に電波を阻止するようなものがない環境では、最大20m以上離れた距離で読み取りが行えます。電波には4つのタイプがあり、それぞれ周波数が違い特性が異なります。

複数のタグを一括で読み取れる

電波の届く範囲であればRFタグの一括読み取りが可能です。アパレルショップなどではこの一括読み取りの機能を使うことで業務効率が大幅に改善するなど、業界全体でのRFIDシステムの導入が急速に進んでいます。

隠れていても読み取れる

バーコードと違い、タグが目に見えている必要はありません。梱包箱の中に入ったRFタグも、開梱することなく読み取ることができます。

 

RFIDの種類

4つのタイプ(周波数)

RFIDには4つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。電波の周波数帯によって、LF帯・HF帯・UHF帯・マイクロ波帯と名称が分かれています。

  • LF帯(Low Frequency)
  • HF帯(High Frequency)
  • UHF帯(Ultra High Frequency)
  • マイクロ波帯(Microwave Frequency)
通信帯LF帯HF帯UHF帯マイクロ波帯
周波数~135KHz13.56MHz860~960MHz2.45GHz
通信範囲~10cm~10cm~20m~3m
用途例自動車のスマートキーなど交通系ICカードアパレルタグや
製品の持出管理など
(旧周波数帯)

RFID専用ページへ

タグ:
  • Tweet
  • Share
  • LINE

この記事を書いた人

【じ】編集部

【じ】編集部

自動認識の【じ】編集部が執筆しております。「自動認識(じどうにんしき)業界をみじかに」をコンセプトに、ニッチな業界の旬な情報をなるべく分かりやすくお届けすることを心掛けている編集部です。