ありがとうWindows、こんにちはAndroid|業務端末の転換期

ハンディーターミナル・PDAの転換期

Windows OS牽引の歴史

今から10年前まで、ハンディーターミナルやPDAといった業務端末のオペレーションシステムは、そのほとんどマイクロソフト社が提供しているWindows CE と Windows Mobile(Windows Embedded Handheld)が主流でした。 Honeywell社の業務端末も例外ではなく、年間出荷台数70万台を超える業務端末のすべてがWindows OSで*動いておりました。
*メーカー保証のついた現行機種有り

ありがとうWindows|Windows OSの終焉

長い間、業務端末の標準OSであったWindows CEは2018年にマイクロソフト社のサポートを終了、同様にWindows Mobileとして台頭したWindows Embedded Handheld OSも2020年1月にサポートを終了すると共にレギュラーアップデートを終了するとマイクロソフト社が公表しております。

barcode

こんにちはAndroid|次の時代のスタンダード

業界を支えたMicrosoft社の業務端末向けOSの終了に伴い、業務端末は大きな転換期を迎えています。その中で、次世代のOSとして世界中の企業から選ばれたのがGoogle社が提供するAndroid OSです。2005年にGoogleがAndroid.incを買収後、2008年10月に世界初のAndroid端末【T-Mobile G1】がOS 1.5 Cupcake(カップケーキ)でリリースされて以降、2019年10月現在の*最新OS Android10が発表されるまで、目覚ましい勢いで進化を遂げてきました。
*2019年10月現在、Google Pixcelなど一部端末のみインストール可能

barcode

以前は業務端末向けのOSを【Android for Work】という名称でしたが、【Android Enterprise】として名称変更しました。

すでに業界標準?|Androidの浸透力

そしてAndoroidは世界中の人々が仕事に利用するツールとなりつつあります。2018年、世界中で業務端末として出荷されたデバイスの78%がAndoroidOSを搭載したものでした。ビジネス用途での運用に耐えうることをGoogle社が保証するAndroid Enterprise Recommendedに認定された機器は2018年1月から2019年10月の22ヶ月間で出荷台数が9倍に増えるなど、ビジネスへの挑戦として、さまざまな業界の多数の企業が業務運用を最適化するためにAndroidデバイスを選択し、重要なワークフローですでに業界標準として使用されていることが分かります。

barcode

「Androidはセキュリティーが心配」というのはもう昔の話

スマートデバイスの主要OSの2トップといえばAndroidOSとApple社のiOSですが、Android端末はiOSに比べて、セキュリティ面で懸念され続けてきました。しかし、スマートデバイスのセキュリティを評価する第三者機関である米Zimperium社が行った両OSで公開されている30の人気アプリ(Travel Apps)におけるセキュリティ調査において、2016年に発表されたAndroid7.0 Nougat以降、同時期に公表されたiOSよりもAndroid OSのほうがのセキュリティ評価が高いとし、Android OSが初めてセキュティ面でiOSの評価と並んだと言っています。以降、セキュリティに関する評価は現行の主力OSであるAndroid9.0 PieにおいてもAndroidの優勢が続いております。

HoneywellMobilityEdge

また米国国防省をはじめとしたイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの政府機関が採用する業務端末に必要なサイバーセキュリティにおける政府調達の要件である【NIST・NIAP】を*取得しております。
*Google Pixcel3
*その他、AICPA SOC2/SOC3、ISO2701などのセキュリティに関する認証を取得
 

業務端末でHoneywell製品が選ばれる理由

HoneywellMobilityEdge

全世界40カ国以上、ハンディーターミナル・PDAの出荷位台数が年間70万台を超え、世界的なシェアを持つHoneywellだからこそ、数十万台を超える年間出荷数量のコミットが可能となり、OSイメージ(メイン基盤)レベルでのGoogle・Qualcomm社とのパートナーシップ連携が実現しました。強力なパートナーシップ提携により、業界最長の製品ライフサイクルを実現いたしました。昨今、CPU・OS・のアップデートが短縮化される中、3社のパートナーシップ提携により、Andoroid OreoからAndroid 11までのOSサポートが可能となり、業務端末を長期間安定してご採用いただけます。

Honeywell製ハンディーターミナルやPDAに関する詳細はこちらの記事も合わせてご覧ください。

タグ:
  • Tweet
  • Share
  • LINE

この記事を書いた人

【じ】編集部

【じ】編集部

自動認識の【じ】編集部が執筆しております。「自動認識(じどうにんしき)業界をみじかに」をコンセプトに、ニッチな業界の旬な情報をなるべく分かりやすくお届けすることを心掛けている編集部です。